きじたろ一家

ねこ・ねこ・ねこ。3にゃんと暮らす猫ばか生活。たまに花&娘のこと。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

きじたろうの誕生

今日の話は実際あった話です。
もし、猫たちの酷い話を知りたくない人はこのまま画面を閉じてください。

きじたろうの兄弟たちの話です。

もしよろしければ続きを読むから↓



きじたろうの誕生日は正確には分かりません。

きじたろうも、元捨て猫だったのです。

私がまだ花屋で働いてる時、きじたろうと知り合うきっかけを作ってくれたパートさんとの会話。

パートさん「公園に捨て猫がいて、それを子供が見に行くから困ってるの。そこの公園のすぐ横には川が流れていて、この前友達の子供が川に落ちちゃって。夏だから良いけど『危険だからもう行っちゃだめ』って言ってるのに、子供ってどうしても見に行っちゃうのよね~」

「あ~、危険ですね。もともとは猫を捨てる人がいるからいけないんですけどね」

パートさん「初めは1組の子猫が捨てられていたんだけど、それを見た人がもう1組一緒の所に捨てちゃって」

「便乗ですか、酷いですね。母猫も子猫と急に離されてお乳張って大変だし、お腹痛めて生んだ子供捨てられて人間不信とかならなければ良いんですけど」

パートさん「そのすぐ隣の川に実際子猫も流されちゃったり、道路に飛び出しちゃったりして車に轢かれちゃってたり。子供が子猫を追っかけて行ってたらって思うとゾッとする。
子供がお菓子とかあげに行ったりしてるからご飯の心配はないんだけど、ノミとか拾ってきちゃって」


仕事中の会話だったので、途中お客さんが来てこの会話はそこでいったん終了となりました。

別の日。
パートさん「私の友達が子猫を全部拾って、家で面倒見てるらしいよ。子供が落ちちゃって危険だったから」

「ほぇ~すごいですね」

パートさん「全部飼うのは無理だから、朝、動物病院の里親募集のゲージに連れて行って、夜引き取られていなかったらまた迎えに行くってことをしてるみたい」

面倒を見てるのに、里子に出す先の顔も場所も分からない。
このシステムに疑問を感じつつ、とりあえず子猫たちが無事であることにホッとしました。

そしてちょうどこの頃、まだ結婚する前主人が実家で一緒に暮らしていた猫が畑に置いてあったのか毒餌を食べてしまい、ガレージのところで泡を吹いて亡くなっていたそうです。
そのときの話と、きじたろうが家に来た話は→こちら

私も実家で16年連れ添ったワンが虹の橋を渡ったばかりの頃だったので、とてもとても落ち込みました。

そこでパートさんとの会話を思い出して、「そういえば○○さんが、子猫を里子に出してるって言ってたけど、まだいるんだったら見に行く?」と主人に言いました。

主人は速攻見に行きました。

主人の一目惚れで引き取ることを決め、公園にいた子猫たちはみんな里親さんに引き取られました。
(きじたろうは最後でした。残りものに福がある^^)

その時は既にきじたろうは3ヶ月。
きじたろう5ヶ月

私が持っているきじたろうの一番幼い写真です。しかもボケボケ。
この時はもう5ヶ月です。

もし、初めに公園から引き取った人に会えるのなら(私も仕事を辞めてしまったし、パートさんとの連絡手段もないし、私が働いていた花屋はもう閉めてしまっている)お伝えしたいことがあります。

子猫たちを引き取ってくれてありがとう。
きじたろうに会えて、幸せです。と。

お外 2

つまんない

きじたろう1歳の頃。とてもとてもスマート(笑)

主人と話し合った結果、きじたろうの誕生日は分からない。
だから5月20日を誕生日として祝ってあげよう。
トラコも誕生日が分からないから、きじたろうと一緒に祝ってあげよう。

そう、決めました。

今度誕生日が来るときじたろうも6歳になります。
まだまだ若い!! ので、一緒にいてね。

長い話にお付き合いありがとうございました。
お付き合いついでにポチポチもお願いします(笑)


<A HREF=人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

| きじたろう | 14:52 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

全部読ませていただきましたよ。
きじさん、きょうさんの所に来られてよかったね^^
実は、ビスタの誕生日も暫定5月15日です。
ビスタ☆とーちゃんが仕事で行った老人ホームで、数日前に野良猫が子供を産んだと言う話をきき引き取ってきたのがビスタです。
母ネコは子猫が貰われていくのを確認していなくなったそうです。
み☆にゃんは捨て猫って言う言葉が嫌いなんです。
生き物を捨てるっていう意味がわからないんです。
生命と暮らすってことは、ある意味結婚よりも責任が重いと思っています。
ワタシは生き物と暮らすときは、そういう覚悟で暮らすことを決めます。
あ・・^^;
又、語ってしまった^^
お許しを・・

| み☆にゃん | 2008/05/11 17:49 | URL | ≫ EDIT

こんにちは。
きじたろうさん、ラッキーだったね。
一度は捨てられたのに、こうやって幸せに生きている子は万に一つの幸運です。

うちも毒餌やられたことあります。
実家に居たとき、6匹一度にです。うち4匹は子猫でした。
毎日病院に連れて行きましたが、残念ながら子猫の一匹は助かりませんでした。
悔しくて、夜の公園で犯人が現れないか見張ってました。

| あやぞっ | 2008/05/11 18:55 | URL |

きじたろうちゃん、たくさんの優しい善意に助けられて今、幸せなんですね。
本当に良かった。

しゃあも外の子です。小さい時から、いろんな人から貰う餌で命を繋いできました。

捨てられた子猫が生きていくのがどんなに大変か?捨てる人達に知って欲しい。
しゃあの居た公園。もう、子猫が捨てられ始めています。全ての子達を救ってあげられないのです。本当に、可哀想な命を、もう増やさないで欲しです。

| mao | 2008/05/11 21:34 | URL |

きじたろううくんにも辛いときがあったんですね。

うちのつんきんも捨て猫ちゃんです。
でも、私にとってはかけがえの無い
大切な子どもたち。
私に何があろうとも、
一生をかけて守っていきたい子です。

うちも誕生日がわかりません。
引き取った日が子どもの誕生日だったので、
その日をつんちゃんの誕生日としてお祝いしましたが、
ほんとうはもっともっと早く生まれてるはず。
だから、年齢、月齢は大体でお医者さんに伝えてます。

みんなおなじ生きているから、
ひとりにひとつずつ、大切な命。 -イルカ作-

ほんとうにその通りです。

| つんきんかあちゃん | 2008/05/12 10:52 | URL |

こんにちは。

え~と、読ませてもらいました。
過去記事の「家にやってきた」も読みました。
ご主人の一目惚れだった、きじたろうさん。
こんなに可愛いんですもの、頷けますね。
1歳の頃はスリムだったりして・・・。
こうして救いの手を差し伸べる人も居れば、心無い事をする人も居る。
理解できない行動に腹ただしさも感じますが、私は一緒に暮らすと決めたら、トコトンお世話する。
当たり前のことしか出来ませんけど、そう思っています。

| リンリン | 2008/05/12 11:33 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます。
皆さんの猫たちに対する気持ち、胸が熱くなりました。

>み☆にゃんさん
こんにちは。
私も生き物を捨てるって意味は分かりません。分かりたくもないです。
家族なんだから最期まで一緒に暮らす。当たり前のことなんですが・・・。
責任。子供を育てるのとなんら変わりないですよね。

>あやぞっさん
こんにちは。
毒餌、あやぞっさんのご実家近くでそんな酷いことが・・・。
一時期毒餌ってニュースでもあちらこちらにあって「絶対これ愉快犯だよ」なんて怒りながらテレビを見ていた覚えです。
たとえ動物でも、かけがえない家族を失うことはとても辛いこと。そんなことも分からない人間なんて寂しいですね。

>maoさん
こんにちは。
子猫は他を頼りにしないと生きていく術を知りません。人間の子供と一緒です。
そんなことにも気がつかないなんて悲しすぎます。
そういうことをする人って、「きっと誰かがかわいがってくれる」なんて思っているんでしょうね。

>つんきんかあちゃんさん
こんにちは。
かけがえのない大切な子供たち・・・本当にそうですよね。
たいせつな命、生きているんだよっていつも思うんです。
今、膝の上できじたろうが寝ていますが、この温かさは本当に幸せです。

>リンリンさん
こんにちは。
一緒に暮らすと決めたら最期まで。
当たり前のことしか出来なくていいと思います。
猫たちがお腹いっぱいで安心して寝れる場所がある。それだけでいいと思います。
ただちょっと猫バカな家に貰われちゃってきじたろうは迷惑してるかもしれませんが・・・。

| きょう@きじたろう | 2008/05/12 15:32 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kyo1974.blog42.fc2.com/tb.php/133-6b548ed8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。