きじたろ一家

ねこ・ねこ・ねこ。3にゃんと暮らす猫ばか生活。たまに花&娘のこと。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ちょっとだけ昔話

お悔やみのお言葉、ありがとうございます。

少しだけ、私の昔話にお付き合いください。

よろしければ↓ 続きを読むから・・・。


祖母が他界したのは6月17日。
母方の祖母が他界したのは、数年前の6月16日。

何だか切ない時期になってしまいました。

実家の祖父が他界したのは、私が小学2年の時。ちょうど梅雨が明ける頃でした。

朝、病院から電話が入り今すぐ来てとの事。
父は急いで車を出し(安全確認しながら信号無視を繰り返していました)病院に着いてすぐ、祖父は他界しました。

私の誕生日まであと1週間でした。

当時の私はとても幼く、「どうしてあと1週間待ってくれなかったの?」と、祖父に怒りをぶつけました。
祖父もそれが気がかりだったらしく、母に「誕生日は盛大に祝ってやってくれ」と、お願いしていたそうです。

今考えると祖父は、私の誕生日まで待てなくて、とても残念だったのではないだろうか・・・。

じいちゃん、もう怒ってないよ。そっちでばあちゃんと仲良くしてよ。
ケンカばっかりしてちゃダメだよ。

オジギソウを見るたび、祖父を思い出します。
「これなぁ、触ると葉っぱがお辞儀したみたいにしおれるんだぞ。見ててみろ。そら、あはは」
なんて、子供のような人でした。

お酒が好きでタバコが好きで、体調が悪くなっても
「俺の身体は俺が一番解ってる」と言って、病院に行かなかった頑固なじいちゃん。

もう少し長生きして欲しかったよ。一緒にお酒が飲みたかったな。


昔話にお付き合い頂き、ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
よろしければポチッとお願いします。
 <A HREF=ポチッとニャ肉球
スポンサーサイト

| きょう | 11:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。