きじたろ一家

ねこ・ねこ・ねこ。3にゃんと暮らす猫ばか生活。たまに花&娘のこと。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

きじたろうが家に来た

結婚する前、主人は猫を飼っていました。
名前はきすけ。
オシキャットという種類のとても賢い猫でした。

ある日、毒餌にやられたのか車庫の前で口から泡を吹いて亡くなっていたそうです。
この時私の実家でも16年連れ添った犬が亡くなって間もない時だったので、かなりショックは大きかった。

それでも主人は気丈に「家まで帰ってきてくれたから」と。

ちょうどそのころ、私の仕事場の人の友人が猫の里親を探していて「近くのホームセンターの中に入っている動物病院に里子に出している猫がいるから見てきたら?」と言ってくれたので主人と一緒に動物病院へ。

きじはゲージの中をうろうろしながらにゃーにゃー鳴きっ放し。
主人はきじたろうさんを見るなり「一目惚れした!!」
えっ早っ!!と思いながら主人はもう受付の人に声掛けてるし。

早速連れて帰ってきました。

その時きじたろうさんは生後3,4ヶ月。
襖は破るし、カーテンに登るし、畳で爪研ぐし・・・。
まぁイタズラの盛りですよ。
顔はかわいいのに・・・と主人はぼやいておりました。
真剣!!改
きじたろうさんが1歳の頃です。

主人の部屋は散らかってますね。

ブログランキングに参加しています。
よろしければぽちっと↓

スポンサーサイト

| きじたろう | 13:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kyo1974.blog42.fc2.com/tb.php/4-961e0f9f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。